原画解剖 - No.153
原画解剖 - No.153
題名:「原画解剖 - No.153」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.154
原画解剖 - No.154
題名:「原画解剖 - No.154」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.155
原画解剖 - No.155
題名:「原画解剖 - No.155」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.156
原画解剖 - No.156
題名:「原画解剖 - No.156」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.157
原画解剖 - No.157
題名:「原画解剖 - No.136」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.158
原画解剖 - No.158
題名:「原画解剖 - No.158」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.160
原画解剖 - No.160
題名:「原画解剖 - No.160」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.161
原画解剖 - No.161
題名:「原画解剖 - No.161」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.162
原画解剖 - No.162
題名:「原画解剖 - No.162」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.163
原画解剖 - No.163
題名:「原画解剖 - No.163」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT
原画解剖 - No.164
原画解剖 - No.164
題名:「原画解剖 - No.164」     <原画解剖シリーズとは?>   木工用ボンドで画を描く画家「冨永ボンド」の巨大な原画を大胆に分断した後、はがきサイズにトリミングしフレームに納めた全て一点物の原画シリーズ。日本の家屋スケールに似合ったサイズの解剖(Dissect)シリーズを通してアートをより身近なものとすることを目的する。   「解剖」とは、生物の体を切り開きその形態・構造・作用などを調べ、病原・死因などを探ることである。   抽象から半抽象まで様々ある冨永ボンドの絵画作品の役割は「人と人をつなぐ(接着する)」こと。そのため、画のモチーフは全て「人間」(ウェブサイトのコンセプトページ参照)であり、人間をモチーフとした原画作品を解剖し分解・分析することで、定期的に新鮮な角度から作品のライブストーリーと描写のディティールを見直し新たな構図や色彩を探るのである。 日本におけるアートビジネスのマーケット拡大と自身のクリエイティブに対する試行を強く意識したシリーズ。   <絵画> 寸法:横約100mm×縦約148mm 材質:キャンバス、木工用ボンド、ネオカラー <フレーム枠> 外寸:横121mm×縦172mm カラー・材質:ブラック(木材質)スタンド付き       ●木工用ボンドを使って描く画家「冨永ボンド」の原画の一部分をトリミングしカットしてフレームに収めた、通し番号&冨永ボンド本人のSignature入りのディセクト(解剖)シリーズ。   ●黒のラインは、木工用ボンド(酢酸ビニル樹脂)と水性塗料を独自の調合で混ぜ合わせたオリジナルの画材「黒いボンド」を使用。光沢がある立体的なラインは照明や鑑賞する角度により煌びやかに表情を変え、ディスプレイ空間を鮮やかに演出します。   ●デスクや棚にも飾れるスタンド付き。   ●1点もの。Dissectシリーズ通し番号および冨永ボンド本人のサイン入り。     ※原画の色味は、商品画像の色味と若干異なる場合があります。 ※ボンドの立体感を空間に演出するため、絵肌はアクリル板やガラス版で保護されていません。   http://www.bondgraphics.com
¥ 21,600 SOLD OUT